クリーンな再生エネルギー

 2011年3月11日の東日本大震災における福島第一原子力発電所の事故による電力問題がクローズアップされており、特にクリーンな再生可能エネルギーに注目が集まっております。  

 そして昨年施行された「再生エネルギー固定価格買取制度」により、各家庭のソーラーシステムやメガソーラー、大型風力発電などの多くの普及が見込まれております。

電力連携の限界

 しかし買い取られた再生可能エネルギーは安定的な電力供給を行うことが困難であり、ベース電源とはなりえず火力発電等との連系にも限界がある為に電力会社は今後買取を抑制していかなければなりません。

 そもそも電力連系(売電)は固定買取制度による高額な買取価格による価格差益ありきのシステムです。発電していない時間帯は自分で発電した電気を使えず、非常のときも使用することができません。

自己消費と蓄電の提案

 そこで今後見直されるのは再生可能エネルギーを売電するのでなく発電した場所で使用する「エネルギーの自産自消」の考え方です。

 そして気象条件で不安定な自然エネルギーを安定的に利用するのに欠かせないのは蓄電池です。

 再生可能エネルギーを蓄電して使用することが今後のキーポイント、それを可能にするのが【POWER SOURCE】なのです!